不妊検査費・不妊治療費を助成しています

子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず、不妊に悩み、不妊治療を受けている夫婦が増加しています。しかし、不妊治療は身体的、精神的な負担も大きいうえに、費用が高額になることも多く、子どもを授かることをあきらめざるを得ない夫婦も少なくありません。

市では、「特定不妊治療(体外受精・顕微授精)」「一般不妊治療(人工授精)」「男性不妊治療」「不妊検査」の助成を行い、不妊に悩むご夫婦の経済的負担の軽減と子どもを生み育てやすい環境づくりを推進しています。

対象となる検査及び治療

  1. 不妊検査費(不妊症の診断にかかる検査)
  2. 一般不妊治療(人工授精)
  3. 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)
  4. 男性不妊治療(特定不妊治療に至る過程で行われる治療)
区分 特定不妊治療費 男性不妊治療費 一般不妊治療費 不妊検査費
助成対象治療
または検査
・体外受精 ・顕微授精 特定不妊治療に至る過程の一環で行われる以下の治療
・精巣内精子採取術
・精巣上体精子回収術
・その他精子を精巣または精巣上体から採取するための手術など
・人工授精 ・超音波検査
・ホルモン検査
・子宮卵管造影検査
・クラミジア検査
・精液検査
・その他不妊症診断に必要とする検査
助成金額 全額
※岐阜県特定不妊治療費助成を受けることを条件とする。
全額
※岐阜県男性不妊治療費助成を受けることを条件とする。
全額 全額
所得制限 夫および妻の前年の所得の合計額が730万円未満
※1月から5月までに申請する場合は前々年の所得額を適用
なし
助成期間及び
助成回数
初めて治療を受けるときの妻の年齢が
・40歳未満…43歳になるまでに通算6回まで
・40歳以上…43歳になるまでに通算3回まで
※岐阜県特定不妊治療費助成事業の規定に準ずる
※平成27年度までに助成を受けた回数も通算されます。
事前検査などを開始した月から連続した2年間 1回限り