健康診査について

こんにちは赤ちゃん訪問健康介護課

赤ちゃんがいる全てのご家庭に、保健師や保育士が訪問し、赤ちゃんの様子や育児の状況を伺いながら、育児に関する相談や市の子育てサービス等の紹介を行います。

対象者 生後4か月までの乳児がいるすべてのご家庭
訪問時期 生後2か月前後にご家庭へお伺いします(事前にお電話で訪問日時をご相談します)。

乳幼児健康診査健康介護課

乳幼児期の成長発達の確認や病気の早期発見、また、子育て支援の一環として、乳幼児健康診査を行います。乳幼児健康診査を受けることで、お子さんの成長発達段階を確認し、よりよい子育てについて考える機会にしましょう。

市では、3歳までに4回の健康診査を行っています。
対象のお子さんには、健診の約1か月前に個別通知でご案内します。
(3・4か月児健診の案内は、赤ちゃん訪問時に直接お渡しします。)

3~4か月児健康診査
実施内容 問診・身体測定・内科診察・栄養の話・木育教室・保健相談(お子さんの成長発達や育児について)
10~11か月児健康診査
実施内容 問診・身体測定・内科診察・歯科保健相談・栄養相談・保健相談
1歳6か月児健康診査
実施内容 問診・身体測定・歯科診察・内科診察・歯科保健相談・栄養相談・保健相談
3歳児健康診査
実施内容 問診・尿検査・集団あそび・身体測定・歯科診察・内科診察・歯科保健相談・栄養相談・保健相談

6~7か月児健康教室健康介護課

生後5か月から6か月になるまでに、離乳食がスタートします。しかし、食べ慣れていないため、口から出してしまったり、食べようとしてくれないお子さんもいます。
離乳食は、自分で食事を摂るための大切な準備期間です。
6・7か月児健康教室では、離乳食を中心に、離乳完了期までの食事の進め方について学びます。

実施内容 身体計測・離乳食の進め方(栄養士による講話)・離乳食の試食・栄養相談
持ち物 母子健康手帳・問診票(黄色)・離乳食用スプーン・お茶・着替え等

はみがきけんしん健康介護課

生え始めの乳歯は歯の表面がでこぼこし、歯の形も溝が深いため、食べかすや細菌が溜まりやすく、むし歯をつくりやすい環境にあります。お子さんのむし歯予防のためにフッ素塗布を行います。

対象者 歯が生え始めたときから小学校就学前の乳幼児
実施内容 歯科健康診査・歯科保健相談(染め出し)・フッ素塗布
負担金 1回 100円
持ち物 はみがき手帳(初回にお渡しします)・歯ブラシ・コップ・タオル

発達支援教室(あそびの教室)

発語が少ない、よく動き回る、お友達の輪に入れないなど、言葉や行動面の発達に心配があるお子さんに対し、あそびや生活の場面を通して人とふれあうことの楽しさを知り、人と関わるためのルールを身につけたり、コミュニケーションの広がりを育てる教室です。
教室では、「今日のあそび」を中心に、毎回同じ流れで活動を行います。親子で参加することで楽しい気持ちを伝え合い、「もっとやって!」「いっしょにあそびたい!」という気持ちや言葉を育てていきます。

対象者 発達に心配がある就園前(概ね1歳6か月~3歳児)の親子

※参加を希望される方は、健康介護課までご連絡ください。